リーガルW105のご紹介☆リーガル2235を越える名品☆2235との違いも

2020年1月14日

リーガル W105

以前、僕の保有するリーガル2585をご紹介致しました。
その際、その上位版である2235についても説明しましたが、実はその上位版であるW105も持っていますのでご紹介しようと思います。
すでに廃盤となってしまいましたが非常に良い靴なので残念です。
皆様にW105の良さを知ってもらうとともに、このような良い靴を廃盤にしてしまうリーガルさんにもユーザーの声が届けばと今回の記事を作成しました。

過去の記事と同じようにリーガルの歴史などについても軽く触れます。
すでにリーガルの他の靴の記事をごらんの方は同じ内容ですので飛ばして下さい。

 

 

リーガル

お約束リーガル社の紹介・・・

1902年(明治35年)創業の製靴メーカーの老舗になります。
旧社名は日本製靴株式会社、現在はブランド名が企業名となりリーガルコーポレーションとなっています。
通常はブランド名でリーガルと呼びますね。

グッドイヤー・ウェルト製法が同社の代表ですが、マッケイ製法やセメント製法の靴も用意し低価格から高価格帯まで広く販売しています。
近年はパターンオーダーも手掛けるなど日本を代表する製靴メーカーです。

尚、同社は自社工場を持たないとする情報もありますが100%子会社の工場で生産(他社への生産委託も一部あり)しています。

2235

W105を紹介する前にベースとなった2235NAを簡単に紹介します。
詳細は2585の回で説明しましたのでそちらを確認して下さい。

40年以上続くリーガルの定番ベストセラーです。
リーガルの最高級ラインインペリアルグレードになります。
もちろん製法はグッドイヤーウェルト製法、無骨な張り出したコバが製法を主張しています。
ダブルソールで迫力満点です。
アメリカ文化に影響をうけた40代以上の方は当時憧れたのではありませんか?。

W105

リーガル W105

最初に2235NAとの違いを見てみましょう

残念ながら2235は保有しておりませんのでカタログでの比較となります、

今回ご紹介するW105は見ての通り2235NAと瓜二つです。
最大の違いは幅になります。2235NAはEEですがW105はEEEで少し幅広になっており足幅が広い人を考慮したモデルとなっています。
幅が異なるため木型も変わっているとのことで2235NAよりワンサイズ落としても良いと思います。
リーガルさんに確認したところ2235NA,2285と2504NAはほぼ同一の木型との事でしたが、W105は異なるそうです。

細かく見ていくといくつかの違いを見ることが出来ます。
まずアッパー部分から。
色が茶だけですがアドバン仕上げと言って色の濃淡をつけたアンティーク風の色合いになっています。まあほとんどわかりませんが。
写真では土踏まず部分のシボの隙間に焦げ茶が混じっています。

リーガル W105

 

アッパー部分ではストームウェルトに違いがあります。
2235NAでは土踏まずまでですが、W105は全周にわたり付けられています。

リーガル W105

次にアウトソール部。
どちらも革底なのは同じですが2235NAの踵(ヒールベース)はゴムですがW105は革の積み上げになっています。
トップリフトは双方とも全面ゴムなのでアウトソール側からの眺めは同じです。

リーガル W105

 

外からは見えませんがライニングに関しても違いがあり2235NAでは布ライニングの所、W105は革ライニングになっています。

リーガル W105

 

インソールの表記は全く同じで、昔ながらのリーガルマークとインペリアルグレードとなっています。

リーガル W1050047_insole

 

2235NAとW105では使っている革質が異なるそうです。もちろんW105の方が上質な革。
革の種類は企業秘密だそうです。(リーガルさんに確認しました)

最後に価格の差です。
すでにW105は廃盤となっているので当時の価格で比較してみます。
メーカー希望小売価格(2013年当時)
2235NA    31000円(税抜き)
W105    38000円    (税抜き)
2割程度の違いです。
現在(2019年12月)の2235NAの税抜き価格が33000円ですので現在だと40000円位になると思います。

次に2585

こちらは手元にある靴と比較です。

トゥ部分から。
メダリオンは同じですね。
写真ではわかりにくいのですが、トゥ部分の厚みが2285の方があります。
またシボの細かさもW105のほうが細かいですね。
特にトゥ部分に関してW105はほぼシボがわかりません。

リーガル W105

 

トゥの高さの違いはこちらの方がわかりますか

リーガル W105

 

コバの出し縫いの違い。
W105の方が細かいです。

リーガル W105

 

ヒール部のストームウエルト
2235と違い2585とW105は全周にわたるストームウエルトになっています。

リーガル W105

 

最後に


リーガル REGAL メンズビジネス ウィングチップ W105

↑朗報!まだこちらに少々残っていました。

2235と比べても上質の革を使っており、仕上げも丁寧です。
すでに廃盤となってしまいましたが、2235の検討をしている方なら店頭在庫など探してみると良いかも知れません。
見つけたら絶対に買いのモデルです。
現時点ではこのモデルに匹敵するウイングチップはリーガルからは出ていません。
ちなみに品番W105の先頭のWはリーガル専門店専用商品にのみ付けられる型番です。
探すのはリーガル専門店ですのお間違えないように。

以上、靴探しの参考になれば幸いです。