オープンハートが楽しい機械式時計オリエント セミスケルトン(RN-AG0013B)☆機械式初心者にもお勧めの時計でした!

オリエント セミスケルトン

以前、オリエントバンビーノの紹介をこちらでさせていただきました。
実は同時に今回紹介するオリエントのセミスケルトンモデルも購入しましたのでご紹介します。

はじめに

何度か紹介したように腕時計が好きで何本か保有しているのですが、バックスケルトンタイプは1本も持っていませんでした。
今回ちょうどアマゾンプライムデーで本商品が安くなっていたので購入してみました。
高級機ではありませんが、時計好きの視点からご紹介したいと思います。

オリエントについて

前回のバンビーノ紹介の際にも紹介しましたがれっきとした日本のマニュファクチュールです。
現在はオリエントスターとオリエントの2ブランドを展開しています。

オリエントスターは機械式にこだわったブランドで、セイコーとはまた異なる魅力的な機械を輩出しています。

オリエントスター

出典:オリエントホームページ

オリエントは普及価格帯の機械式やクオーツ時計などより一般的な人々に向けた商品展開をしています。

オリエント

出典:オリエントホームページ

 

以前は最上位ブランドとしてロイヤルオリエントブランドがありましたが、2017年のエプソンへの統合を機にロイヤルオリエントブランドの商品は無くなりました。
良い時計を出していたので是非復活してほしいブランドです。

オリエントブランド

今回購入した時計は普及価格帯のオリエントブランドです。
前回ご紹介したバンビーノは海外専用モデルでしたが今回紹介する時計は国内展開モデルになります。

シリーズはコンテンポラリーで「スタンダードを現代的にアレンジしたコレクションです。」とのこと。

出典:オリエントホームページ

ほかにも「末永く愛されているオリエントならではのデザイン・工法を踏襲したコレクションです」を謳うクラッシックシリーズ

出典:オリエントホームページ

 

スポーツ系のモデルをそろえたスポーツシリーズ

出典:オリエントホームページ

女性向けのイオシリーズが展開されています

出典:オリエントホームページ

これらの中で機械式のみを展開するのはクラシックシリーズになります。

セミスケルトンモデルのコンテンポラリーシリーズとクラシックシリーズの違い

どちらもオープンハートのセミスケルトンモデルが用意されていますので購入時に迷われると思います。
今回購入したRN-AG0013Bと似たモデル(革バンド、黒文字盤)のモデルはRN-AG0007Bですので比較してみます。

 

モデル番号 キャリバー 手巻き 風防 価格
コンテンポラリー RN-AG0013B F6T22 あり 球面クリスタルガラス 28000
クラシック RN-AG0007B F6T22 あり ボックスクリスタルガラス 33000

価格(定価)は、今回購入したコンテンポラリーシリーズのRN-AG0013Bが2万8千円、
クラシックシリーズのRN-AG0007Bは3万3千円でクラッシクシリーズの方が5千円ほど高いです。
価格差はどこにあるのでしょう、見てみましょう。

わかりやすい違いとして風防のデザインあリます。
コンテンポラリーはドーム風防、クラシックはフラット風防です。
材質は双方、クリスタルで違いはありません。

文字盤はインデックスの意匠が少々異なります。
特に12時の位置のインデクスは明らかに違いますね。

リューズは上からでは違いが分かりませんが、コンテンポラリーには刻印がありませんが、クラシックはオリエントマークの刻印があります。
こうして見ると大きな違いはありませんね。
ほぼ風防の違いだけですので、好みで選んで間違いないですね。

これは僕の意見ですが、セミスケルトンモデルはモダンなイメージですので、風防はフラットなほうが似合うと思います。

RN-AG0013Bレビュー

 

バンビーノでは四角いボックスケースに収まっていましたが、今回のモデルはフラットなケースに収まっています。
ちょっと印象が異なっています。海外モデルと国内モデルの違いでしょうか?

オリエント時計
外箱

バンビーノ同様、保証書とマニュアルが同梱されています

オリエント時計 保証書と取扱説明書
保証書と取扱説明書

バンビーノ同様に国内生産モデルです。

それでは、詳細に見てみましょう。
やはりセミスケルトンモデルはモダンな印象です。
フラットな風防も一躍買っています。

インデックスはバンビーノ同様植字インデックスです。
見る角度によってキラキラして黒色の文字盤に映えますね。

 

リューズはバンビーノ同様にタマネギ型です。
刻印も同様にありません。

オープンハートのアップです。
この機種を選んだ最大の理由です。
テンプの動きが見えて満足です。
いかがでしょうか?なんか時計が生きてる気がしませんか?

動画

コンテンポラリーシリーズの中でもキャリバーにより機械の見え方が異なります。
わかりやすいようにホームページの画像を引用致しました。
オープンハートの低価格モデルでも2種類の機械を用意するオリエントがますます気に入りました。
F6T22の方がテンプの動きは見やすい気がします。

モデルWV0501DB、キャリバー46A40

モデルRN-AG0013B、キャリバーF6T22

背面はスケルトンです。
高級機ではありませんので機械への飾り加工はほとんどありません。(ローターには入っていますが)
個人的な意見ですが、そもそも自動巻きはローターが邪魔ですので背面スケルトンモデルは、手巻きの方が良いと思っています。

オリエント
バックスケルトン

バンビーノと比較して

デザインの違いからかバンビーノに比較して大きく見えますね。
バンビーノより少々厚みがあります。

左がバンビーノ

ベルトのバックルのオリエント刻印が少々違います。
バンビーノはレーザー刻印?だと思いますがこちらはプレス?刻印ですかね?

左がバンビーノ

まとめ

バンビーノ同様、とても満足度の高い時計です。
機械式初心者にはもちろんのこと、複数機械式を所有している方にも手に取っていただきたい腕時計です。
高級機ではありませんがおかげて気兼ねなくどこでもいつでも利用出来ます。
ベルトを交換して楽しむのも良いかも知れません。
僕のように購入を迷われている方、是非て手に取ってみてください。

オリエント時計、良いですよ!


【こちらも参考に】

時計

Posted by kaze