ブラウンシェーバー シリーズ7、やはり最高の剃り心地だった

2019年11月5日

電気シェーバーと言えば、ブラウン、パナソニック、フィリップスが御三家だと思います。
僕はあの懐かしの「ブラウンモーニングレポート」の影響もありブラウンを愛用しています。
本記事では、ブラウンシェーバーの選び方と僕が購入したシェーバーについてご紹介します。

シリーズ概要

ブラウンではシリーズ9、8、7、5、3、1が用意されおり数字が大きいほど上位機種になります。
シリーズ9、8、7が上位機種、5が中級機、3、1が入門機の位置づけになります。
同一シリーズではひげそり性能は同じです。
まずはシリーズを決め、自動洗浄などの付加機能からモデルを選ぶ事になります。

シリーズ9


【Amazon.co.jp 限定】ブラウン メンズ電気シェーバー シリーズ9 9292cc 5カットシステム 洗浄機付 水洗い/お風呂剃り可 つや消し仕上げ

最上位モデルになります。
キャッチコピーは「一度で剃りきる。だから、肌にやさしい」。
特徴はシリーズ最多の4枚刃と音波振動テクノロジー。
四枚刃とシリーズ中、最も多くの刃を持っています。
特にチタン加工された極薄 リフトアップ刃により寝たヒゲなどに威力を発揮するモデルです。
このモデルは「くせヒゲ」などで従来モデルではそり残しなど不満があり、価格よりも性能を重視する方におすすめするモデルとなります。

僕はそれほど「くせヒゲ」ではありませんので、シリーズ9は不要と判断しました。

シリーズ8


【Amazon.co.jp 限定】ブラウン メンズ電気シェーバー シリーズ8 5カットシステム 洗浄機付 水洗い/お風呂剃り可 8370cc

シリーズ8は2019年からシリーズに加わったニューフェースです。
ハンドルのデザインはシリーズ9を踏襲しています。
僕の個人的な意見ですが、シリーズ7のみディスプレイが底面にあるなど他のモデルと異なるデザインをしています。
液晶が底面にあるモデルと言えば10年以上前のプロソニックを思い浮かべる人もいると思える昔からのデザインです。
将来7シリーズを無くし8シリーズに変わるのではと思っています。

さて性能ですが三枚刃、音波振動と後述するシリーズ7と似たようなひげそり性能となっています。

大きな違いは無いですので価格もこなれているシリーズ7で良いと思ます。
僕がデザインもシリーズ7が好みと言うのもあります。

他シリーズについて


ブラウン メンズ電気シェーバー シリーズ5 5090cc-P 3枚刃 洗浄機付 水洗い可

シリーズ7について説明する前に他のモデルについて簡単に説明します。
シリーズ5より下のモデルは音波振動が付いていません。音波振動が必要ならシリーズ7以上を狙う必要があります。
音波振動不要なら他はデザインも含めシリーズ8に近いですので、シリーズ5がおすすめです。
シリーズ3からは下位のモデルは自動洗浄への対応はしていません。

シリーズ7


【Amazon.co.jp 限定】ブラウン メンズ電気シェーバー シリーズ7 7867cc 4カットシステム 洗浄機付 水洗い/お風呂剃り可

僕が購入したシリーズ7についてご紹介します。
シリーズ7のみの特徴をこちらに上げます。
①底面液晶
こちらについては先にご説明しました。
②音波振動のコントロール
ボタンで強さをコントロール出来ます。
ヒゲの部位によって切り替えると効率的なひげそりが可能です。
③きわぞり
他のモデルはスライドして「きわ剃り」を出しますが、本モデルは垂直に起きます。
慣れもありますが僕はこちらの方が使いやすいと思います。

その他、上位モデルの特徴として
①ドイツ生産
②リチウムイオン電池採用
が上げられます。

選択のポイントは洗浄機のありなしだけです。
個人的な意見ではありますが、洗浄機はあった方が良いと思います。
メンテナンスも楽で、一度使うとやめられなくなります。
あとは価格で選んで良いでしょう。

僕が選んだのは本項見出しにある7867ccAmzon限定モデル15921円(2019.11.04現在)になります。
限定とは言っても特に通常モデルと違いはありません。

開封

同梱物です。
シェーバー、洗浄機(シェーバーの右横)、シェーバーケース、充電ケーブル、巾着(充電ケーブル入れ?)、洗浄液、清掃ブラシ(写真取り忘れました)、取説。

ブラウンシェーバー シリーズ7 7867cc 本体

表側です。
中央のボタンが電源スイッチ。
電源ボタンの下の左右にあるのが本シリーズのみに備わる音波振動の強弱ボタンです。
強弱に合わせて電源ボタン中央の色が変わります。

 

裏側です。
中央少し上にある二つの点が、洗浄機にセットした際の充電端子です。
少し位ですが下側に単体充電する際のコネクタ差し込み口が見えます。

使い勝手

非常になめらかです。
音波振動の効果でしょうか、軽く当てて移動させるだけでそり残しはありません。
音波振動の強さは標準で行っています。
ヘッドが小さいと言う声もあるようですが、僕はこのくらいの方が細部もそれ良いと思います。

使用後は洗浄機にセットしてスタートボタンを押すだけで、充電/洗浄を自動で行ってくれます。
毎朝の手間が省けこれは便利です。

気になる点


ブラウン アルコール洗浄液 (6個入) メンズシェーバー用 CCR6 CR【正規品】

本体については文句の付けようがありません。
洗浄システムについても機能はパーフェクトです。
ただし洗浄液のカートリッジは約1ヶ月ごとに交換になりますので少々運用コストがかかります。
この点だけはお伝えしておきます。

まとめ


ブラウンシェーバーシリーズ7のご紹介いかがでしたでしょうか?
最高級のシリーズ9では無くても、ブラウンの真骨頂である「肌に無理なく深ぞりが出来る」は十分堪能できると思います。
またアルコールを使用した洗浄システムは、不潔になりがちなシェーバーを手間をかけずいつでも清潔な状態を保てます。
おすすめの一台です。