低価格でスマホ連動する体組成計 MASARU☆アマゾンで見つけた体重計をご紹介します

2019年12月29日

MASARU体重計

年末のこの時期、体重が心配ですよね。
実は昨年は3kgも太ってしまいました。
毎日体重計で測ってもも少しずつ体重が増えていくので気づきが遅くなります。
自動で簡単に記録できる体重計が無いものか探していて見つけたのがこいつです。
結構良いモノだと思いますので、早速レビューします。

MASARU体重・体組成計

ガラスで出来たとてもスタイリッシュな外観です。
電源ボタンも無く載るだけで電源がオンになります。これは結構便利です。
ただし表示は体重のみです。
それ以外の情報はすべてスマホに転送されます。
スマホをお持ちで無い方は避けた方が良いでしょう。
スマホに転送されるのは以下の11種類のデータ。
これらは4つのセンサーとBIA技術(生体電気インピーダンス)で正確に測定していると説明にありますが、これはどの体組成計でも同じですね。
特別自慢するほどのレベルじゃないと思います。

測定出来る項目は体重/BMI/体脂肪率/皮下脂肪/体内水分率/基礎代謝量/除脂肪体重/骨格筋/筋肉量/推定骨量/タンパク質/体年齢/内臓脂肪。
体重表示の細かさは50gです。
それぞれのデータをグラフ化できます。←これがやりたかった

同様の機能はタニタの体組成計でも用意されています。
ただしこちらは1万円以上しますので、今回は購入対象とはしませんでした。
ただしさすがタニタはJISマークも取得しています。
この認証を取っているので計量の精度は保証されています。
さすがタニタ値段だけの事はあります。
余裕があればこちらをおすすめします。
計量精度ですが保証精度は高精度の商品でも±100gほど。
MASARUの50g精度はかなり楽観的な数字であることがわかります。


タニタ 体組成計 スマホ 50g 日本製 ブラック RD-907 BK 医療分野の技術搭載/スマホでデータ管理 インナースキャンデュアル

スマホアプリMASARU

本製品は香港の企業製ですが日本語の取扱説明書がありますのでインストールは難なく出来ます。

MASARU体重計

MASARU体重計

保証書も付いています。保証状(笑)となっているのが香港製っぽい。

MASARU体重計

スマホアプリは純正のMASARUを利用します。
iOS8.0,Android4.3/Bluetooth4.0以降であればアプリを利用出来ます。
ほとんどの機種が上記以降ですのでよほど古い機種でなければ利用できると思います。

僕はAndroidなのでplay storeからインストールを行います。
フィットネスアプリ(Google Fit,Fitbit,Apple Health)との同期も出来るそうです。

インストールは簡単で指示通り進めれば良いです。
BluetoothをONしてデバイス検索をしてペアリングを行えば終了です。
ここで一点だけ注意点が。
Android6.0以降では位置情報をONする必要があります。
位置情報は関係ないので変ですがONにしないと利用出来ません。
Android6.0以降の制限なので仕方ないです。

使い方

Bluetoothと位置情報をONにした状態でMASARUアプリを立ち上げておきます。
体重計にのると自動的にMASARUアプリと接続されデータが転送されます。
アプリを立ち上げると下記の画面になり測定が終了すると最新のデータに書き換わります。
(恥ずかしいのでデータはぼかしています)

MASARU体重計

 

過去の履歴も確認することが出来ます。

MASARU体重計

同様に測定データすべての履歴を見ることが可能です。

まとめ


MASARU 体重・体組成計 Bluetooth対応 体重計 体脂肪計 BMI/体脂肪率/筋肉量など13項目測定可能 180kgまで対応 iPhone/Androidアプリで健康管理 データ自動記録 スマートスケール(電池付属)

アマゾンで2799円で購入出来ます(2019.12.27現在)
とても多機能で簡単にスマホにデータを記録できるので健康管理に役立つ優れものです。
デザインもよくリビングにあっても違和感がありません。
耐久性はわかりませんが、現時点ではベストバイのひとつと感じています。