/*THK Analytics用解析タグ*/

win32でC言語を学ぶ意義

2020年10月22日

はじめまして、マツゾーです。
プロフィールにも簡単に書いていますが本職はプログラマーです。
アセンブラに始まりC言語をメインに30年以上、これでご飯を食べています。
今回はこの経験を活かしC言語教室を始めてみようと思います。
無料ですので、これからプログラムを学びたい方は参考にして下さい。

C言語を学ぶ意義

C言語の詳細や歴史などはWikipediaなどを参考にいただくとして、C言語からプログラムを学ぶ意義について話してみようと思います。
現在はJAVAなどC言語を元により高度化された言語も使われるようになってきました。
しかし、組み込みなどを中心にC言語は依然として広く利用されています。
将来、製品に組み込むCPUの制御を行いたい方には必須の知識だと言えます。
高級言語であるJAVAなどはC言語の知識を身につけているなら比較的容易に理解出来るでしょう。
もちろんC言語の上位言語であるC++もC言語の知識がなければ身につきません。

このような事からまずは読者の皆さんにはC言語から学んでいただきたいと思います。

対象はWindows

学習対象はWindows。
Windowsの開発ツールVisual Studioは無料で入手可能です。
Windowsの良いところは枯れた技術で世代が変わっても比較的従来の技術が利用出来ること。
スマホの世界では技術進化が速く追いかけるだけで精一杯になってしまうでしょう。
将来スマホの開発に携わるとしてもwindowsの開発環境を覚えることは決して無駄になりません

 

学習方法

教材として下にご紹介する「プログラミング言語C」に沿った形で学習を進めます。
本が無くてもわかるように進めますが、参考に持っておいても良いでしょう。

 

■おすすめの書籍

プログラミング言語C

C言語のバイブルと言われているのがK&Rの「プログラミング言語C」です。
これを知らないともぐりとと言われても仕方ありません。
初心者には少々難しい点もありますが購入することをお勧めします。
僕はC言語はこの本だけで身に付けたと言っても過言ではありません。

プログラミング windows

先ほどの「プログラミング言語C」と同様にwindows開発のバイブルと言われている本です。
僕は最初の「プログラミング windows95」が発行されたときから参照しています。
最初は難しいかも知れませんが必ず役に立つはずです。